ファッション

ミラノの街に空前のロゴブーム 2019年春夏ミラノ・メンズ・ファッション・ウイーク

 6月15〜18日に行われた2019年春夏ミラノ・メンズ・ファッション・ウイークの会場付近では、ロゴが空前のブームとなっていた。ストリートファッションの興隆に合わせてブランドのロゴが施されたアイテムはトレンドとなっているが、ミラノは他の都市や前回のコレクション期間と比較してもロゴアイテムの着用者が多かった。

 「ヴェトモン(VETEMENTS)」や「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」をはじめ、“ダブルF”を再びミレニアル世代に向けて発信している「フェンディ(FENDI)」や「ヤマハ(YAMAHA)」という意外性のあるブランドロゴまで登場した。
 
 アイテム別では、トラッキングパンツ、ボディーバッグの他、カバナシャツはストライプからフローラル、サファリなど、あらゆるプリントのバリエーションが見られた。ダッドスニーカーのトレンドもランウエイ同様継続しているようだ。

 15歳にしてインスタグラムで67万のフォロワーを抱え、あらゆるストリートブランドを着こなすレオ・マンデラ(Leo Mandella)や、デザイナーやアーティスト、DJなどとして幅広く活躍するヘロン・プレストン(Heron Preston)も姿を見せた。 

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら