ファッション

来場者も軽やかな素材と色で夏らしく 2019年春夏ピッティ・イマージネ・ウオモ

 6月12~15日にフィレンツェで行われたメンズ最大の見本市、第94回ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO以下、ピッティ)の会場付近では、軽やかな素材や色使いを特徴とした夏らしいシャツやスーツスタイルが多く見られた。

 ストリートが席巻しているメンズ市場だが、会場付近でも若者を中心にロゴが施されたアイテムや、ガチャベルト、ダッドスニーカーなどストリートらしいアイテムが目についたが、ピッティの来場者は見本市に参加するブランド同様“イタリアンクラシコ”で例年通り安定しているようだ。ストライプ柄のアイテムやハワイアンシャツなど、派手なアイテムを1点投入し、その他を同一のトーンでそろえるスタイリングが目を引いた他、ミリタリーなカモフラ柄やカーキのアイテムも多かった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら