ファッション

来場者も軽やかな素材と色で夏らしく 2019年春夏ピッティ・イマージネ・ウオモ

 6月12~15日にフィレンツェで行われたメンズ最大の見本市、第94回ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO以下、ピッティ)の会場付近では、軽やかな素材や色使いを特徴とした夏らしいシャツやスーツスタイルが多く見られた。

 ストリートが席巻しているメンズ市場だが、会場付近でも若者を中心にロゴが施されたアイテムや、ガチャベルト、ダッドスニーカーなどストリートらしいアイテムが目についたが、ピッティの来場者は見本市に参加するブランド同様“イタリアンクラシコ”で例年通り安定しているようだ。ストライプ柄のアイテムやハワイアンシャツなど、派手なアイテムを1点投入し、その他を同一のトーンでそろえるスタイリングが目を引いた他、ミリタリーなカモフラ柄やカーキのアイテムも多かった。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら