フォーカス

バルミューダ社長が語るカレー誕生秘話 味の鉄則は「あしたのジョー」

 バルミューダ(BALMUDA)が5月、サマーレシピを味わうプレスイベントを開催した。極上のトーストができる“バルミューダ ザ・トースター(BALMUDA THE TOASTER)”で火が付いたバルミューダの今年の売り上げ目標は100億円。昨年末、松屋銀座内に初のブランドショップを出店し幅広い年齢層のファンを増やしている。寺尾玄バルミューダ社長に老舗インド料理店と共同開発した“バルミューダ ザ・カレー(BALMUDA THE CURRY)”の誕生秘話や食べることのすばらしさ、そして、ビジネス展開について聞いた。

WWD:家電メーカーのバルミューダがレトルトカレーを作った理由は?

寺尾玄バルミューダ社長(以下、寺尾):インド料理店デリー(DELI)のカレーが大好きで、仕事後に会社がある武蔵境から上野店まで週4回通っていた。デリーのカレーの特徴は口に入れたらお辞儀して殴る(まろやかさの後に強烈な辛さ)、そして後味すっきりと味の時間差攻撃が絶妙だ。おいしいカレーの鉄則は「あしたのジョー」的ストレートさ。それがデリーのカレーにはある。この味を“バルミューダ ザ・ゴハン”で炊いたご飯で食べてみたいと思ったからだ。

WWD:デリーとのコラボのアプローチはどのようにしたか?

寺尾:通わなくても、デリーのレトルトカレーがあると知って工夫したくなった。そこで「バルミューダ」の炊飯器持参で工場に押し掛けた。田中源吾デリー社長に条件を全部飲むからと熱意を伝えて実現した。

WWD:今回試食イベントを行った理由は?

寺尾:デリーの6月のマンスリーカレーに“バルミューダ ザ・カレー”が登場するのでその記念に、田中社長とデリーのスタッフによるサマーカレーを作ってもらうことにした。おいしいものを皆で食べようというノリだ。タブロイドにもレシピが掲載されている。ポイントはトマトと韓国産の青トウガラシ。キュウリのピクルスと玉ネギ、プロセスチーズの薬味で辛さを調節して味わってほしい。