ニュース

真夜中のガーデンに着想を得た「RMK」秋冬コレクション メーンアイテムはフェイスカラー

 「RMK」は8月10日、秋冬コレクションを発売する。今季は“グロウ イン ザ ダーク”をテーマに、華やかでありながらもミステリアスな表情に仕上がるアイテムがそろう。

 “真夜中の0時、ひっそりと静まったガーデン”をイメージしたという秋冬コレクションのアイテムは、深いグリーンのパッケージで統一。メーンアイテムのフェイスカラー「ムーンブルーム フィニッシングパウダー」(全6種、各5000円)は、ピンク、ブルー、ホワイトを使った妖精のモチーフを施したパウダーで、今回のコレクションテーマを体現。3色を混ぜて肌にのせると絶妙なきらめきがプラスされ、内側から輝くような透明感のある肌に仕上がる。

 その他、単色でも組み合わせても使用できる4色セットのアイシャドウ「ムーンブルーム カラーリングアイズ」(5000円)も登場。アイシャドウの02、03、05、06は定番化する予定だ(ただし、ネーミングとパッケージは変更)。さらに、3色が絶妙に混ざり合うマーブルグロス「ミッドナイトフラワー リップグロス」(2800円)、異なるカラーで目元に華やかさを与えるWエンドのカラーマスカラ「Wカラーマスカラ」(4000円)など、全23品が数量限定で登場する。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら