ニュース

洗練された“影色”をまとう、「ルナソル」18年秋コレクション

 カネボウ化粧品のメイクブランド「ルナソル(LUNASOL)」は、2018年秋コレクションを8月17日と9月14日に発売する。“憬(あこがれ)浄化”をテーマに、ニュアンスのある美しい“影色”を表現したコレクションとなっている。

 8月に発売するポイントメイクは、映画のワンシーンにあるような影をまとった石畳のある街並みに着想を得て開発。ブランドを代表する4色アイシャドウ「ニュアンスシェイドアイズ」(5000円)は、“影色”の美しさをイメージし、きらめく影、深い影、淡い影、色づく影と、異なった4種の質感の影を表現している。赤みのあるシックなパープルやクールな目元を作るカーキなど4つのカラーバリエーションをそろえ、影色を重ね合わせることで深みがありながらも重すぎず、奥行きのある目元に仕上げることができる。

 その他、チークとハイライト、シェードがセットになった「モデリングフェースコンパクト」(5000円)は、肌に溶けこむようにフィットし、美しい陰影を作り出す。限定アイテムとなるリップグロス「ディープリップグロウ」(2500円)は、雨に濡れた石畳のようなニュアンスを表現。ダークブラウンにパールを効かせることで、深い艶めきを持つシックな唇を作り上げる。

 9月14日には“水ツヤ肌”に仕上がるベースメイク2種とナチュラルな血色感を与えるスティックタイプのチークカラーが登場する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら