ファッション

新井貴子らがエレコムの家庭用EMSでファッションショー 祐真朋樹がスタイリング

 エレコム(ELECOM)のヘルスケアブランド「エクリア(ECLEAR)」は、家庭用EMS機器「エクリア リーンアップ」(1万7900円)のリニューアル発表会を開催した。昨年7月に女性に向けて発売した前作から、男女問わず使えるようデザインやアプリ機能を一新した。また、発表会ではミューズに就任したモデルの新井貴子が登場し、家庭用EMSを取り入れたファッションショーを行った。

 おなかや太ももなど体の気になるパーツに電極パッドを貼り、電気刺激による収縮で筋肉運動を行うEMS(Electrical muscle stimulation)を搭載した同製品は、直径48mm、重さ20gのコンパクトなサイズとカラフルなデザイン、スマートフォンアプリとの連動機能が特徴。今回のリニューアルではパッドのデザインを変更した他、アプリに男性向けの項目と、体型や悩みに合わせたモードを選択できる機能、より強度な筋肉運動を行える特別プログラムを備えた。

 世界のコレクションで活躍する新井は「普段は移動時間がとても長いので、そういう時に使いたい」とアピール。また、完ぺきなスタイルを保つ秘訣を問われると「朝晩必ず体幹トレーニングをする。ただ細いだけでなく、しなやかな女性らしさを持った体が理想」とコメントした。

 イベントで行われたファッションショーには新井の他、元新体操選手の畠山愛理、「メンズノンノ(MEN'S NONNO)」専属モデルの高見翔太らが登場。スタイリングは、祐真朋樹スタイリストが手掛けた。新井はパーティーをテーマにしつつ、腹部に家庭用EMSを貼り付けたファッションを披露。畠山はゴージャスなヨガスタイルをテーマとした服で、二の腕に家庭用EMSを貼り付けて登場し、「こういったファッションにつけても変じゃないデザイン。何かをしながらトレーニングできるのはとても便利」と絶賛した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら