ファッション

生脚以上の透け感 グンゼ新ミューズに元新体操の畠山愛理ら就任

 グンゼ(大阪、廣地厚・社長)は、1995年にデビューしたレッグウエアブランド「サブリナ(SABRINA)」をリニューアルし、2月から全国で発売する。ブランドコンセプトの“強く、やさしく、美しく。”はそのままに、素肌感をさらに向上させたという。透明感があって蒸れにくい吸放湿素材を用いた“ナチュラル”、着圧により足をすっきり見せる“シェイプ”、丈夫さを追求した伝線しにくい“タフ”など8アイテムを発売する。価格はいずれも500円。

 リニューアルに合わせ同社は、ロンドンとリオデジャネイロの五輪に日本代表として出場した元新体操選手の畠山愛理、キャリア17年の空手家で女優の武田梨奈、サックスプレーヤーの中村有里の3人をイメージキャラクターに採用した。畠山は「新体操もストッキングも美しさを求める姿勢は同じ。新体操にはアザがつきもので、透明感を残しつつ素肌っぽさをカバーしてくれる『サブリナ』は頼もしい存在」とコメントした。武田も「筋肉質で脚を出すのがコンプレックスだったが、『サブリナ』をはいて自信がついた。これからは、どんどん露出していきたい」とほほ笑んだ。

 生まれ変わった「サブリナ」を着用した3人のイメージキャラクターが出演するコンセプトムービー「レディで、いこう!」は、公式サイトで31日から公開されている。普段はアクティブな3人がレディに変身し、華麗なパフォーマンスを披露している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら