ファッション

「アクネ」2018秋冬カプセルコレクション発売にあわせ店頭が“フェイス”コンセプトに

 「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」は5月31日、“フェイス”モチーフの2018年カプセルコレクションを発売した。ローンチに合わせ、17年4月にオープンしたプロジェクトスペース(東京・渋谷)の内装を一新し同日、リニューアルオープンした。

 顔の輪郭を四角で、目を丸で描いただけの似顔絵から生まれた“フェイス”のアイコンは、ブランドのメーンコレクションに登場していたが、17年からは単独のカプセルコレクションとして発表。第2弾は、既存アイテムに新色を追加する他、スニーカーも発売する。

 プロジェクトスペースのリニューアルでは、現代における家族の多様性を、ファッションを通して発信する“フェイス”のコンセプトを反映し、家のような居心地の良い空間を演出する。スウェーデンブランド「カスタール(KASTHALL)」のカスタムカーペットとウッドを基調に、ピンク、ベージュ、ホワイト、バーガンディーの暖色系で統一している。木製の家具は、長年のコラボレーターであるマックス・ラム(Max Lamb)が手掛けた。

 屋外のビルボードには、写真家のクレイグ・マクディーン(Craig McDeen)が撮影した広告キャンペーンビジュアルを掲載。広告キャンペーンには、レズビアンカップルのターシャ・ティルバーグ(Tasha Tilberg)とローラ・ウィルソン(Laura Wilson)、二人娘のボーイ(Bowie)とグレイ(Gray)が登場する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら