ファッション

新たな“ナイキ エア マックス”を決める最終投票が開始 世界6都市18作品のうち1足が商品化

 「ナイキ(NIKE)」は5月8日、投票で選ばれた参加者が新たな“エア マックス(AIR MAX)”シリーズをデザインするイベント「Nike: ON AIR」の最終投票を特設サイトで開始した。投票のファイナリストは東京、ロンドン、ソウル、パリ、ニューヨーク、上海の世界6都市から3人ずつ選ばれた計18人だ。オンライン投票は1日1回行うことができ、期間は6日間。

 東京では3月25日に表参道ヒルズで東京代表の作品を決定するイベント「TYO: ON AIR」が開催された。東京からは、街を迷路に見立てた“TOKYO MAZE”(AIR MAX 1)、漫画のタッチで江戸の古地図をデザインに落とし込んだ “CULTURAL CITY OF TOKYO!”(AIR MAX 95)、人々の事なかれ主義などを表現し、東京の街をひっくり返したイメージの“TOKYO IN THE AIR”(AIR MAX 98)の3作品が最終投票に残った。

 最多投票を獲得した作品は商品化される予定で、特設サイトでは、18作品のイメージ動画や各都市の投票ランキング上位1人が公開されており、ランキングは1日2回更新される。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら