ビジネス

三陽商会がラグジュアリーECサービスのルビー・グループを買収

 三陽商会は4月27日、ラグジュアリー・ブランドに特化したファッションECのフルフィルメント(運営代行)企業のルビー・グループを買収した。三陽商会は、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が保有していた株式を含むルビー・グループの発行済み株式80%を取得した。買収額は非公表。残りの20%の株式はルビー・グループ創業メンバーの桑野克己・会長兼CEO、西森雅直・社長、浅野剛史・副社長らが保有する。

 三陽商会は、ルビー・グループの取得でECの売り上げ拡大を目指す。ルビー・グループは子会社として運営を続ける。

 ルビー・グループは2011年、外資系のラグジュアリー・ブランドを中心にECの戦略立案やサイト構築運営、コンサルティングを行う企業として設立。クライアントには「ディーゼル(DIESEL)」「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」「マックスマーラ(MAX MARA)」などが名を連ねる。プロモーションや在庫管理、デリバリー、カスタマーサポート、返品対応までワンストップで提供するクラウド型のECサービスを強みにする。売上高は非公表。経営体制は変わらず、桑野会長兼CEO、西森社長が就くが、三陽商会から非常勤取締役が派遣される予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら