ファッション

モネの名画が「グレースコンチネンタル」を着用!? 松屋銀座の期間限定店

 アイランドは4月18~24日、アートとファッションの融合をイメージした期間限定店「グレースコンチネンタル ザ・バンケット(GRACE CONTINENTAL THE BANQUET)」を松屋銀座1階スペース・オブ・ギンザにオープンしている。同社の「グレースコンチネンタル(GRACE CONTINENTAL)」「ダイアグラム グレースコンチネンタル(DIAGRAM GRACE CONTINENTAL 以下、ダイアグラム)」「グレースクラス(GRACE CLASS)」の3ブランドの春夏の新作を販売中だ。

 昨年「グレースコンチネンタル」の20周年企画として実施した“アートプロジェクト”の第2弾として、期間限定店では4点の絵画を展示している。2点は世界的に有名な絵画にブランドの服を着せたもので、フランス人画家のエドガー・ドガ(Edgar Degas)の「エトワール、または舞台の踊り子」に「グレース クラス」の花柄の刺しゅうのセットアップを、クロード・モネ(Claude Monet)の「日傘の女」には「ダイアグラム」の黄色いドレスを描き込んだ。他の2点は、「グレースコンチネンタル」と「ダイアグラム」の新作の花柄ワンピ―スを着たモデルの肖像画を油絵で描いたもの。この“アートプロジェクト”の案を出したのは同社の木村剛士・社長だ。

 木村社長は「昨年の20周年企画の時は、洋服へのリスペクトを込めて、『グレースコンチネンタル』の服を着た女性の肖像画を発表したが、その後『ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)』が『モナ・リザ』などの有名な絵画をバッグのデザインにしているのを見て、『やられた』と思った。著作権は作者の死後50年以降は無効なることを知っていて、当社ブランドでも有名な絵画を使うアイデアもあったが、そのまま服にするのはブランドイメージには合わなかった。そして今回、名画集からブランドの世界観にマッチする絵を選んだ。狙いはファッションの楽しさを伝えること。一般的に値引きやポイント付与などのサービスはあるが、服そのもの魅力を伝えるものではない。今後もアート × ファッションの提案を続けて、見る人に感動と驚きを届けたい」と語った。期間限定店の売り上げは2000万円を目標にしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら