ニュース

ライアン・マッギンレーが2年ぶりとなる日本での個展「MY NY」を開催

 写真家のライアン・マッギンレー(Ryan McGinley)による個展「MY NY」が4月6日〜5月19日、小山登美夫ギャラリーで開催される。本展は2016年に東京オペラシティ アートギャラリーで開かれた「ライアン・マッギンレー BODY LOUD!」以来日本での2年ぶりの個展となる。

 本展では、17年にアメリカのデンバー現代美術館で行なった個展「The Kids Were All Right」で展示した約10点を披露する。いずれも自由奔放で若さ溢れるみずみずしい作品ばかりだ。その他にも同美術館で初めて公開された彼のポラロイド作品や制作初期に使用していたカメラ、ZINEも併せて展示する。なお、4月6日の18〜20時にレセプションを行うが、予定されていたライアンの来日は彼の都合によりキャンセルとなった。

 ライアンはニューヨークの若者たちをリアルに撮りためた自費出版の写真集「The Kids Were All Right」で注目を浴びた。その後ロンドン発のカルチャーマガジン「デイズド&コンフューズド(DAZED & CONFUSED)」やアメリカのメンズ・ファッション・カルチャー誌「GQ」の表紙をはじめ、アイスランドのポストロック・バンドであるシガー・ロス(Sigur Ros)のアルバム「残響(Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust)」のカバー写真を手掛けるなど、ファッションから音楽業界まで多岐にわたり活躍する。

■「MY NY」
日程:4月6日〜5月19日
時間:11:00〜19:00
休館日:日・月曜日、祝日
場所:小山登美夫ギャラリー
住所:東京都港区六本木6-5-24 complex665ビル 2階
入場料:無料