ニュース

濱中鮎子の「ウーア」が初のポップアップ、ジャーナルスタンダード レサージュで五感に訴求

 濱中鮎子がデザイナーを務める新ブランド「ウーア(UHR)」初のポップアップストアが、ベイクルーズ グループのジャーナルスタンダード レザージュ青山店内に3月16日にオープンする(東京都港区南青山5-8-11)。骨董通りに面した店内では、「ウーア」の世界観を五感で楽しめるようにと、2018年春夏コレクションやフォトグラファーの小浪次郎を起用してニューヨークで撮影したビジュアルに加え、松蔭神社のフラワーショップ「ドゥフト(DUFT)」による店内装飾、さらには、レサージュ × ウーアが共同製作したオリジナルフレグランススプレーなども用意。「初めて一般の方々に『ウーア』のコレクション群を触っていただき、着ていただき、世界観を感じていただける機会をいただけて光栄です。『ウーア』のアイテムたちと共に、目で、心で、香りで、五感で楽しんでいただけたら」と濱中デザイナー。
 
 「ウーア」のブランドメッセージは、「to wear Uhr, to wear time。服を着ることは時間を着ること。1日の始まりに、その日の気温や行く場所、会う人を確認して服を選ぶ。何かや誰かを思いながら、服を選ぶ。そんな風に私たちの日常にはいろいろな“時”と“服”の関係があり、そこには必ず思い出の服がある。時とともに変化し、時とともに深化する。人生の中での様々な“時”に記憶されていく存在になることが、『ウーア』の願いです」というもの。

 ビームス(BEAMS)のウィメンズPRや「レイ ビームス」のブランド・ディレクター出身の濱中デザイナーが、フリーランスのファッション・ディレクターとして活動を開始する一方で、オリジナルブランドとして昨年から創作を行ってきた。

 なお、このイベントにために特別製作したフレグランススプレーは、「ウーア」のポップアップとレサージュ青山店の1周年を記念したもので、ミニボトル(15ml)は店内商品の購入者に先着でプレゼント。レギュラーボトル(30ml)は4000円で販売する。