ファッション

「ギャップ」がサラ・ジェシカ・パーカーとキッズコレクション発売 “お下がりの洋服”が着想源

 「ギャップ(GAP)」は3月1日、米女優のサラ・ジェシカ・パーカー(Sarah Jessica Parker)とのコラボコレクション「ギャップ | サラ・ジェシカ・パーカー」を発売する。同コラボは以前、サラが「ギャップ」の広告モデルを務めたことがきっかけで実現。インスピレーションとなったのはサラが幼い頃に大切に着ていたという“お下がりの洋服”で、“誰から誰に受け継がれたもの”かが分かるように「property of 〜(〜のもの)」のタグが付いた子ども服とアクセサリーを展開する。全アイテムにはウサギの刺しゅうが施されており、これはサラが自分の子どもたちに「Rabbit Rabbit」と語りかけるという習慣から。価格帯は2900〜1万900円で、ギンガムチェックのワンピースやストライプのドレス、ボマージャケット、Tシャツ、ハンドバッグなどをラインアップし、「ギャップ」全店と公式サイトで取り扱う。

 女優ながら、デザイナー、ファッションアイコン、そして15歳の息子と8歳になる双子の娘たちの母親としての顔も持つサラ。そんな彼女に今回のコレクションへの思いと、子どもとのファッションの楽しみ方について話を聞いた。

WWD:今回のコレクションは、ご自身の子どもたちのことを思い描いてデザインしましたか?また、子どもたちからアイディアを得ることはありましたか?

サラ:双子の娘は、とにかく“着心地がよくて柔らかい素材かどうか”を気にするの。だから今回のコレクションも柔らかい肌触りと素材、そして組み合わせのしやすい色のアイテムを揃えたわ。

WWD:最近さまざまなブランドが“親子コーデ”のできる商品を提案しています。今回のコレクションでも子ども服に加え、2つのウィメンズ用ドレスを揃えていますね。

サラ:子どもの頃、私は母親のドレスを姉妹と選んで着るのが大好きだったの。それが私と母親との関係をよりよいものにしてくれていたし、今でもその頃のドレスを着ている。“お下がりの洋服”を着ることは私の家族では普通のことだから、同じような洋服を着ることも当然のこと。

WWD:デザイナーとしても活躍していますが、子どもの洋服を選ぶときに気をつけていることはありますか?

サラ:息子は15歳だから、彼の洋服にはもう口出ししないわ(笑)。娘たちはまだ8歳だけど、もう自分たちのファッションスタイルが出来上がっている。それでもまだ“自分自身を発見する”成長段階だから、洋服を選ぶ時は彼女たちが自分たちのスタイルを確立できるように“自信を持つことができる洋服”を選ぶようにしているわ。その成長が見られる今というのは、本当に特別な経験をしていると思うの。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら