ファッション

「スナオクワハラ」ブランド再始動後初の直営店をオープン

 「スナオクワハラ(SUNAOKUWAHARA)」は2月22日、エイ・ネットから独立後初の直営店を東京・北青山にオープンする。場所は外苑前駅から徒歩5分。同店は商品の販売の他、プレスルームとしても運営する。ブランドの新作をはじめ、アーカイブ商品をそろえ、顧客向けの受注会なども行う予定だ。オープン当日の18時からは、誰でも自由に参加可能なパーティーを開催する。

 「スナオクワハラ」は桑原直によるウィメンズブランド。1994年桑原がイッセイミヤケの「I.S.」のチーフデザイナーに就任し、ブランド名を「I.S. スナオ クワハラ」に改称したのが始まり。96年にエイ・ネットへ移籍。2003年からブランド名を「スナオクワハラ」としてスタートさせた。その後、東京コレクションに参加し、ファッションショーを披露してきた。14年にエイ・ネットを退社。15年に自らスナオクワハラ デザインズを立ち上げ、「スナオクワハラ」を再スタートさせた。

■スナオクワハラ 北青山店
オープン日:2月22日
営業時間:12:00〜20:00 ※オープン日は15:00から
定休日:日・月曜、祝日の翌日
住所:東京都港区北青山 2-9-19

■オープニングパーティー
日程:2月22日
時間:18:00~20:00
住所:東京都港区北青山 2-9-19

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら