ファッション

「ブルーナボイン」が大阪に直営店を凱旋オープン

 大阪を拠点にカジュアルウエアを展開する「ブルーナボイン(BRU NA BOINNE)」は、代官山にあるブルーナボイン東京に続く直営2店舗目を1月20日、道頓堀にオープンする。店名は、ブルーナボイン大阪。売り場面積は150平方メートルで、代官山店のおよそ3倍。デザイナーで、同ブランドを手掛ける旅姿七人社の辻マサヒロ社長は、「スペースの都合で代官山店には置けていないウィメンズサイズや、もう一つのオリジナルブランド『フレイフレイ(HURRAY HURRAY)』も販売する」とコメント。

 「ブルーナボイン」は1997年にデビュー。10~20年にわたり改良を続けるデニムやレザーで構成された“マイレギュラー(定番)ライン”と、大阪ブランドらしい“やんちゃ”な色や柄で構成するシーズナルの“コレクションライン”からなり、アーバンリサーチ ドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS)や、京都と大阪で7店舗を運営するセレクトショップのロフトマン(LOFTMAN)で販売している。2011年にブルーナボイン東京をオープンして7年、満を持しての大阪凱旋となる。辻社長は「カラー、サイズを取りそろえた、『ブルーナボイン』の全てが詰まった初の店舗となる」と意気込み、初年度の売上高1億円を目指す。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら