ファッション

バロックジャパンの「ハウスコミューン」がブランド休止を発表

 バロックジャパンリミテッド(BAROQUE JAPAN LIMITED)は、ウィメンズブランド「ハウスコミューン(HOUSE_COMMUNE)」を2018年春夏シーズンで終了することを発表した。下中美穂子・クリエイティブ・ディレクターはすでに同社を退社している。
 
 同ブランドは14年にニューヨーク在住のエディー・ヴァン・ナーク=クリエイティブ・ディレクターとケリン・ディソン=デザイナーによってスタートし、15年バロックジャパンリミテッドに移管後は、3.1フィリップリム・ジャパンの元PRマネジャーの下中がクリエイティブ・ディレクターを務めた。

17-18年秋冬シーズンの「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」では、3ブランドのファッションショーを支援するプロジェクト「アット トーキョー(AT TOKYO)」の1ブランドに選ばれ、17年3月にショーを開催していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら