ニュース

アンディ・ウォーホルの映像作品が「カルバン・クライン アンダーウェア」に

 「カルバン・クライン アンダーウェア(CALVIN KLEIN UNDERWEAR)」が、アメリカを代表する現代アーティストのアンディ・ウォーホル(Andy Warhol)とのコラボコレクションを発売中だ。同コレクションはウォーホルが1963年に発表したショートフィルム映画「Kiss」の静止画が落とし込まれたもので、メンズとウィメンズを用意。メンズはブリーフ(4800円)、クルーネック(7300円)、タンクトップ(5800円)の3型を、ウィメンズはビキニショーツ(4200円)とブラ(6800円)の2型をそろえる。昨年5月にオープンした東京・渋谷の旗艦店をはじめ、ららぽーと立川立飛店、ダイバーシティ東京プラザ店、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」で取り扱う。

 「Kiss」はニューヨークにあったウォーホルの自主スタジオ、ザ・ファクトリー(The Factory )で初めて撮影された映画。約50分間、男女だけでなくさまざまな性のカップルによるキスシーンをそれぞれ3分30秒ずつ繋いだ作品。

 カルバン・クライン・インク(CALVIN KLEIN INC.)は、アンディ・ウォーホル美術財団(THE ANDY WARHOL FOUNDATION FOR THE VISUAL ARTS INC.)と長期パートナーシップを2020年まで締結しており、アンディ・ウォーホル美術財団に出資することで、ウォーホルの未発表作品も含むアクセス権を取得している。ウォーホルは生前、カルバン・クライン本人と親交があった。