ファッション

「ニール バレット」からブランド初のキッズコレクションが登場

 「ニール バレット(NEIL BARRETT)」は2月中旬、ブランド初のキッズコレクション「ニール バレット キッズ(NEIL BARRETT KIDS)」を発売する。8〜12歳を対象としたコレクションで、価格はジャケットが4万6000円、シャツが2万2000円、Tシャツが9000〜1万円、スエットシャツが1万6000〜2万2000円、デニムが2万4000円、スエットパンツが1万7000円、パンツが2万2000〜3万円、キャップが9000円。「ニール バレット」ギンザ シックス(GINZA SIX)店で取り扱う。ブランドアイコンの“サンダーボルト”をデザインするなど、随所に「ニール バレット」らしさを取り入れた。

 同コレクションは2017年6月に開かれたキッズウエア見本市ピッティ・ビンボ(PITTI BIMBO)で披露されたもの。キッズウエアの生産に長けたマニファットゥーレ ダッダト(MANIFATTURE DADDATO)社と提携し、幅広いラインアップを実現した。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら