ファッション

「バレンシアガ」の新デザイナー、デムナ・ヴァザリアとは何者か

 ファッション業界で今、最も注目を集めるデザイナーの一人が今シーズン4シーズン目を迎えた「ヴェトモン(VETEMENTS)」のヘッドデザイナー、デムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)だ。「ヴェトモン」は今季、初めてパリ・コレクションにオンスケジュール入りし、デムナはパリコレ最終日に、「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のアーティスティック・ディレクターに指名された。

 デムナは、アントワープ王立芸術学院を卒業後、自身のブランド「ステレオタイプス(STEREOTYPES)」を立ち上げるもブランドを休止し、「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」や「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」といったビッグメゾンのデザイナーとして活動をしていた。その後、2014年春夏に「ヴェトモン」を立ち上げ、わずか数シーズンで、ファッション・フォワードな人を中心に熱狂的なファンを持つカリスマブランドへと成長させた。モードとストリートが共存するオルタナティブなムードを漂わせる一方で、ヴァザリアの持つ高いクリエイティヴィティとカリスマ性、時代を見据えたビジネスセンスで、コレットやドーバーストリートマーケット、ブラウンズといった世界の有力店に販路を広げている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら