ニュース

「ロエベ」ロンドン旗艦店が移転オープン、アンダーソンが選んだアートが随所に

 「ロエベ(LOEWE)」は18年9月、現在マウント・ストリート(Mount Street)にあるロンドンの旗艦店をニューボンド・ストリート41番地(41, New Bond Steet)に移転オープンする。新しいスペースは、3階建て約500平方メートル、古典主義の伝統が香る建物で、1階部分の大きなガラスショーウィンドーと2階と3階にかけてはコリント式の高い円柱が枠になった出窓が目が引く。内部は、大理石と花崗岩が用いられたインテリアとふんだんに差し込む自然光がポイントだ。

 新しいストアは、最初に東京・表参道にオープンし、マドリード、マイアミなどにオープンしてきた“カサ ロエベ(Casa Loewe)”のコンセプトに基づきオープンする。このコンセプトはジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)自身が選んだ独自のアート&ハンドクラフトの要素を融合させるもので、ロンドンの旗艦店にはクラフト作品他、ロン・ネーグル(Ron Nagle)やマガリ・ロイス(Magali Reus)の作品等、写真や彫刻などを網羅した20世紀以降のアート作品が収められる。

 「ロエベ」はアンダーソンの指揮の下、英国でも急成長を遂げている。16年11月、セルフリッジズ(Selfridges)の新しいアクセサリーホールの一角にコンセプトスペースをオープン。17年にはリバティ(Liberty)に、今年のミラノサローネで発表したコレクション「ディス・イズ・ホーム(This is Home)」シリーズが初めて購入できるポップアップストアをオープンした。さらに来年初頭には、ハロッズ(Harrods)の売り場が4倍に広がる。

あなたにオススメ