ビジネス

アマゾンのアパレル売上高は2020年までの4年間で2倍以上に!? 

 野村ホールディングス傘下の調査会社、インスティネット(INSTINET)のシメオン・シーゲル(Simeon Siegel)によれば、アマゾン(AMAZON)のアパレル部門の売上高は2020年までに最高で850億ドル(約9兆5200億円)に到達する勢いだという。

 アマゾンは商品カテゴリー別の売上高を明らかにしていないが、シーゲルは競合のウォルマート(WALMART)やアマゾンに出店しているブランドのデータから、アパレルの売上高が全売上高の10〜20%を占めると概算。16年のアマゾンのアパレル売上高は世界で180億〜360億ドル(約2兆〜4兆円)と見積もった。参考までだが、ウォルマートとメイシーズ(MACY’S)のアパレル売上高はそれぞれ250億ドル(約2兆8000億円)と220億ドル(約2兆4600億円)とされている。

 アマゾンは近年「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」や「ナイキ(NIKE)」、女優のドリュー・バリモア(Drew Barrymore)と提携するなど、アパレル分野に力を入れており、間違いなく売上高を伸ばしている。アマゾンの17年の売上高は1766億ドル(約19兆7870億円)、18年は2248億ドル(約25兆1820億円)と予想しており、シーゲルはこのままアマゾンが成長していけば、20年までにアパレルの売上高は450億〜850億ドル(約5兆〜9兆5200億円)になるという。

 この数字は楽観的すぎるのではないかと聞けば「非常に現実的な数字」だとシーゲル。「食品やヘルスケア、配達業など、どんな分野の小売業者やブランドであれ、アマゾンが議題に上がらないような企業に未来はない」と語る。また、アマゾンは初めて時価総額1兆ドル(約112兆円)を超える企業になる可能性もあるとしているが、その点についても「ただ聞こえがよいからというわけではない」と確言した。

 16年2月に登場したアマゾンプライム会員限定のウィメンズのプライベートブランド「ラーク&ロー(LARK & RO)」も、前期比90%増で成長中だ。日本には未上陸だが、同ブランドの売上高は年間1000万ドル(約11億円)に到達する勢いだという。「プライベートブランドを成長させることは、より高い利益率のカテゴリーを成長させたいというアマゾンの要望とマッチしている」とシーゲルは語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら