ファッション
2000号記念連載

「サカイ」阿部千登勢が語るファッションの面白さ

 2000号では「WWDジャパン」が創刊された1979年から2017年までのファッションビジネスの歴史を振り返ると同時に、ファッションの未来を照らしたいと考えた。38年を振り返る中であらためて感じたのは、オリジナリティーの強みとデザイン力の重要性だ。そこで、その両者を併せ持つ阿部千登勢「サカイ(SACAI)」デザイナーに、18年春夏コレクションを振り返りながらインタビューを行った。

オリジナリティーと努力だけでビジネスができる。
だからファッションは面白い

WWDジャパン(以下、WWD):あらためて、ファッションビジネスの面白さとはどこにあるか?

阿部千登勢「サカイ」デザイナー(以下、阿部):何もないところから、オリジナリティーと努力だけでビジネスができるところでしょうか。だからファッションはすごく面白い。私は何者でもなかった。バックグラウンドがあったわけでもないし、大きな資本がある企業の傘下でもない。何か後ろ盾があるわけでもない。でも、こうやってビジネスができるのはファッションならではだと思います。

WWD:「オリジナリティーと努力」のオリジナリティーとは?

阿部:人がやっていないこと。〇〇風ではないもの。

WWD:オリジナリティーは日々変化していくものか?

阿部:自分の中では昔から一本筋は通っていますが、日々変化しています。着てもらえなかったら意味がないから。自分の感覚を信じて、誰々風になっていないか、「サカイ」でしか買えないものであるかを追求します。「サカイ」でしか感じることができない空気感を、袖を通したときに感じてもらいたいから。

WWD:では、ファッションビジネスにおける“努力”とは?

阿部:人によって努力は違うけれど、私の場合は「諦めない」こと。諦めずに貪欲に考えます。すごくしつこい性格です(笑)。本当にしつこくて、私はそれを努力と呼んでいます。ブランドや洋服のことをずっと考えているし、追求している。例えば、この丈で正しいのか、あと10cm長い方が正しいのかーー答えはない。デザイナーとして、オリジナリティーを大切にしながら新鮮に見えるかを考えますが、その反面、私は社長なのでこれで商売をしていけるのか、店頭で売れるのかとそのバランスもしつこく考えています。この宣伝・販促を行っていいのかということについても同じ。(「アンダーカバー」と合同で行ったショー)10.20をやるべきかなど、全てのことを自社の誰よりも細かくギリギリまで考えています。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。