ファッション

「まかないこすめ」イギリスに初進出 ザ・コンランショップ3店で販売

 和コスメブランド「まかないこすめ」は10月、ザ・コンランショップ(THE CONRAN SHOP)のロンドン・メリルボーン本店、 チェルシー店、セルフリッジズ店での販売を開始した。イギリスでの取り扱いは初めてで、常設コーナーを設置し和コスメの実力と世界観を広めていく。

 石川県金沢市の老舗金箔店で働く女性たちの肌ケア法を起源とする同ブランドは、明治時代から続く知恵を活用した製法や日本の天然由来素材が特徴。国内店舗には訪日客が多く訪れ、現在ではフランスやシンガポール、マレーシア、タイにも進出している。

 現在、海外でもっとも取り扱い店舗数が多いのはフランスで、初の海外展開も、2014年に老舗百貨店ル・ボン・マルシェ(LE BON MARCHE)で行われた日本の文化や食を紹介する企画展「ル・ジャポン・リヴ・ゴーシュ展」への出店だった。日本の伝統文化を背景に生まれたブランドの成り立ちや和素材のやさしいテクスチャー、和紙を使ったパッケージなどが、ジャポニスム人気が根強い同国で支持され、企画展終了後も購入希望の問い合わせが続くなどの反響があったことから、翌15年には常設販売がスタート。現在はル・ボン・マルシェの他、ザ・ジャパン・ストア・イセタン・ミツコシ・パリ(THE JAPAN STORE ISETAN MITSUKOSHI PARIS)、プランタン(PRINTEMPS)などでも取り扱われている。

 イギリスのザ・コンランショップ3店では「凍りこんにゃくスポンジ」や「まゆ玉」「金箔入りリップバーム」などの一部商品を取り扱っているが、ブランドの背景やコンセプトなど、日本らしいエピソードやユニークなアイテムはイギリスでも興味を持たれているようで、発売1週間で再発注の依頼が届くなど、反響は上々だ。同社は今後、パリやロンドンでの路面店出店や、ヨーロッパの他の国への進出なども検討している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら