ファッション

たるみ派か?小ジワ派か? 肌のエイジングタイプに合わせた「イプサ」の新発想クリーム

 「イプサ(IPSA)」は、25〜35歳をターゲットに据えた新エイジングケアクリーム「ターゲットエフェクト」を発売した。

 肌のエイジング現象には、ハリが失われることによって毛穴が目立つたるみ派と、乾燥による小ジワ派があることから、それぞれの“エイジング現象の原因”にアプローチするクリームを開発した。

 たるみ派には酵素“SOD“を配合した「S」、小ジワ派には酵素“表皮ゼラチナーゼ“に着目した「G」を用意。それぞれの“エイジング現象の原因”にアプローチして、ハリのある肌へと導く。

 肌タイプは「イプサ」カウンターの肌分析機器を使い、BAが視診・問診を行って見極め、定期的なビューティカウンセリングを行うことでエイジングケアをサポートする。

■ターゲットエフェクト(全2種)
発売日:10月13日
価格:(30g)各9000円

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。