ファッション

「ニコアンド」と「ニューバランス」が初のウェルネスイベントを開催

 アダストリア(ADASTRIA)の「ニコアンド(NIKO AND...)」とニューバランス ジャパンは、プレミアムフライデーの9月29日、初となる共同のウェルネスイベントを実施した。原宿にある「ニコアンド」の旗艦店、「ニコアンド トーキョー」を起点に5kmをウオーク&ランするもので、両社のスタッフ計250人が参加した。社員向けのイベントながら、この日のために製作されたコラボTシャツと「ニューバランス(NEW BALANCE)」のキャップ、リストバンドでそろえた一団が夜の原宿を走る様子は、買い物客や観光客の視線を集めた。

 両社は今シーズン、商材においても初のコラボレーションを実現しており、スニーカー“プロ コート”(7800円)、パーカ(6900円)、スエット製のワンピース(6300円)の3アイテムを発売している。特に「ニコアンド」の大型店舗20店では什器も別注し、コーナー展開している。

 「『ニコアンド』は10周年を迎えるが、『ニューバランス』は当初よりセレクトしているブランドの一つ」と星野明アダストリア・ニコアンド営業部長。北村嘉輝アダストリア執行役員兼営業第2本部長は、「今回は社員向けのイベントだが、店頭でも“モノだけでなくコト”も発信していきたい。結果として、プロダクトにも手を伸ばしてくれるはず」と話す。

 熊切昌弘ニューバランス ジャパン取締役は「体を動かすことで部署の垣根、さらに今回は社の垣根を越えてコミュニケーションを取ることができる」とコメント。久保田伸一ニューバランス・グローバルライフスタイル・バイスプレジデントも「今回のイベントをきっかけに、両社でより立体的な取り組みをしていければと思う」と語った。

 メディア対応を終えた4人はスタッフ同様、そろいのコラボTシャツに身を包み、原宿の街に駆け出していった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら