ファッション

自分だけの「ニューバランス」を作れる新サービスがスタート

 ニューバランス ジャパン(NEW BALANCE JAPAN)がシューズカスタマーサービス“エヌビーワン(NB1)”を8月31日に「ニューバランス(NEW BALANCE)」の原宿店とロッポンギ 19:06店、9月7日に銀座店、札幌店、大阪店、藤井大丸店でスタートさせる。9月末には公式オンラインストアでも開始する予定。ニューバランス本社があるボストンでは2011年にスタートしているサービスで、今回日本初上陸となる。

 同サービスは「ニューバランス」の“Made in U.S.A.”コレクションである“998”“574”“990v3”の3つのモデルをベースに、シューズの素材や色、メッセージ刺しゅうなど、約20の要素を自分好みにカスタマイズすることができる。デザインされたシューズはメイン州とマサチューセッツ州にあるニューバランスの5つの工場で製造され、約4〜7週間で手元に届く。価格は“998”モデルが2万9800円〜3万3000円、“574”モデルが2万6000円、“990v3”モデルが2万9800円。

 サービス開始にあたり、モデルの秋元梢と俳優の野村周平、エッセイストの松浦弥太郎の3人がそれぞれシューズをカスタマイズ。デザインされたシューズは「ニューバランス」の原宿店、ロッポンギ 19:06店、銀座店、札幌店でサービススタートに合わせて展示される。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら