ファッション

「バレンシアガ」が「クロックス」とコラボ 高さ10cmの厚底シューズ

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は、2018年春夏コレクションで「クロックス(CROCS)」とコラボレーションし、高さ10cmのプラットフォームシューズを発表した。

 「クロックス」の中で一番アイコニックな“クロッグ(CLOG)”をベースに、独特のフォームは「バレンシアガ」のため特別に製造した。シューズは世界の「バレンシアガ」販売店とウェブサイトで販売予定。アルファベットのBを並べた「バレンシアガ」のモチーフや、変わったばかりの新ロゴのピン(通称ジビッツ)も登場するようだ。

 「クロックス」は、「『バレンシアガ』がアプローチしてきた時、何を一緒に作ることができるのか、そしてわれわれのデザインと商品の可能性を押し広げる機会に興味を抱いた。協業はとても楽しく、アイコニックな“クロッグ”のファッションやデザインの世界における意義を改めて示した。予想もしなかったパートナーシップにより、興奮やエネルギーが生み出されている」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら