ニュース

静岡・沼津に自然と一体化できる宿泊施設がオープン “泊まれる公園”がコンセプト

 リノベーション事業を手掛けるオープン・エーが10月7日、静岡県沼津市にある敷地面積9000平方メートルの「沼津市立少年自然の家」跡地に宿泊複合施設「イン・ザ・パーク(INN THE PARK)」をオープンする。“泊まれる公園”をコンセプトにリノベーションを施し、宿泊・飲食・自然体験ができる空間を作る。首都圏から車で約1時間半という立地を生かし、気軽に非日常を体験できる場として感度の高い層ファミリー層やカップルなどを狙う。

 宿泊棟として既存の宿泊棟をリノベーションした他、公園内に宿泊のための球体型テントを4棟新設し、自然の中での宿泊を提案する。食事スペースには管理棟だった場所を利用し、カフェのオープンも予定している。また、星空観察や野草・山菜の採取調理、昆虫採集などの自然体験に加えて写真教室やヨガ、アロマ作りなどのワークショップ、地元生産者と連携したマルシェ、料理教室などさまざまなコンテンツを用意する。

 すでに公式サイトを立ち上げ、宿泊予約を受け付けている。宿泊棟は3パターンあり、1棟貸切の宿泊棟が5万円(定員8人)、森の中に設置した球体型のドームテントが1万6000円(定員2人)、森の中に浮かぶ球体型の吊テントが2万円(定員2人)。食事には別途1人あたり5000円がかかる。

■INN THE PARK
オープン日:10月7日
住所:静岡県沼津市足高220-4