ファッション

ヴェルサーチの後継者探し、「LV」のキム・ジョーンズを狙う

 ミラノの業界筋によれば、ヴェルサーチ(VERSACE)は、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のメンズ・アーティスティック・ディレクターを務めるキム・ジョーンズ(Kim Jones)を迎え入れることができないか協議しているという。最大の障壁は、2016年に更新されたキムと「ルイ・ヴィトン」の契約だ。

 ヴェルサーチとキムの間の契約およびその可能性について確かな情報は現時点で得られていない。また、ジョナサン・アケロイド(Jonathan Akeroyd)ヴェルサーチ最高経営責任者(CEO)、ルイ・ヴィトンのスポークスマン、ジョーンズのコメントは得られなかった。

 創業者であり兄のジャンニ・ヴェルサーチ(Gianni Versace)が1997年に暗殺されて以来、ドナテラ・ヴェルサーチ(Donatella Versace)がアーティスティック・ディレクターを務めてきたが、メゾンは会社の再生と彼女のクリエイティビティーを支える新たな才能を取り込みたい意向だ。
 
 ヴェルサーチの株式20%を保有する投資会社ブラックストーン(THE BLACKSTONE GROUP)は否定しているが、ヴェルサーチが新たなデザイナーを迎え入れるとのウワサや憶測は初めてではない。1月には、ドナテラ・ヴェルサーチと親交が深いリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)が、「ジバンシィ(GIVENCHY)」のクリエイティブ・ディレクターの退任後、ヴェルサーチに入るのではというウワサが浮上したが、交渉は決裂したようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。