ファッション

「メチャカリ」が人材派遣会社と提携 働く女性に“服レンタル”をアプローチ

 ストライプインターナショナルは、総合人材サービスのパーソルグループで人材派遣・アウトソーシング事業を手掛けるパーソルテンプスタッフと「メチャカリ(MECHAKARI)」のサービス利用における業務提携を9月11日から始めた。

 「メチャカリ」は、月額5800円で最大3点を何度でも借りられるレンタルアプリ。返却する場合の手数料は1回380円かかるが、アイテムを気に入り、60日間借り続けるとそのまま所有することができる。また、借りたアイテムを購入することも可能だ。今回の提携により、パーソルテンプスタッフに登録する派遣スタッフは、初月のみ最大4点まで借りられる特典が受けられる。

 パーソルテンプスタッフに登録する派遣スタッフの約9割は女性。契約ごとに変わる就業先での洋服の買い替えや経済的負担の悩みが寄せられていたことから、今回の提携に至った。

 「メチャカリ」で貸し出し中のブランドは、ストライプが手掛ける一部を除くグループブランドを中心に、他社ブランドも取り扱う。アプリの累計ダウンロード数は50万を超え、有料会員数は約5000人になる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら