ファッション

「クロエ」が銀座に4層の路面店をオープン

 「クロエ(CHLOE)」は今年12月、銀座7丁目に4層構造の路面店をオープンする。銀座店の総面積は218平方メートル。場所はサルヴァトーレ フェラガモ銀座店の隣で、住所は中央区銀座7-8-4。9月2日に開いた表参道ヒルズ店に続き今年2店舗目の旗艦店になる。いずれの店も最新のストアコンセプトを採用する。

 ジェフロワ・ドゥ・ラ・ブルドネイ=クロエ最高経営責任者(CEO)は、「長い間、トラフィックの多いキーとなるエリアに路面店がなかった。われわれは幅広いプレタポルテとレザーグッズ、アクセサリーのフルコレクションをそろえる旗艦店を必要としていた。銀座はラグジュアリー・ブランドにとって鍵となる重要なエリア。4フロアで構成し、幅広いカテゴリーの豊富なアイテムをそろえ、銀座エリアの顧客や年々増加する旅行客に満足していただけるサービスを提供する。また、表参道は2015年に旗艦店をクローズしてから、多くの顧客から同じエリアでの新しいブティックのオープンを熱望されていた」。現在、「クロエ」は日本で26店舗、「シー バイ クロエ」は4月、ギンザ シックスにファサードを構える国内初の直営店を開き、計24店舗を展開する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら