ファッション

通販サイト発グローバルアイウエアを目指す「オーマイグラス」

 “オムニチャネル時代におけるアイウエアの新しい購買体験”をキャッチフレーズとして、2011年に創業したアイウエアの通販サイト「オーマイグラス(OH MY GLASSES)」は、新しいビジネスモデルを示唆するものとして注目された。そして現在、オンラインストア運営を主要事業として、実店舗出店、オリジナルブランド強化、海外進出と業容を拡大している。

 7月、関西2店舗目をあべのandロフトにオープンし、実店舗数は10となった。そして今、最も力を入れているのがオリジナルブランドの強化だ。9月にリニューアルしたオリジナルフレーム「オーマイグラス東京(OH MY GLASSES TOKYO)」を発売する。アイウエアの一大産地、福井県鯖江市の工場で生産した高い品質はさらに精度を上げ、デザイン力を高めて、高感度な20~30代の若い客層を広げることが狙いだ。新しいイメージを訴求するため、9月1日、サイトをリニューアルし、“日常の風景”をテーマに制作したビジュアルを発表した。約470ブランド、1万種類以上をそろえる同サイトの中でも、オリジナルブランドの売り上げが約半分に達するという(売上高は非公表)。

 15年にスタートし、海外の販路拡大を目指して、10月にパリで開催される国際眼鏡展「シルモ(SILMO)」、11月の香港オプティカルフェアにも出展する。創業者の清川忠康オーマイグラス社長は、「国内のビジネスは軌道にのっている。オリジナルブランドの商品力をグローバルなレベルに高め、現在の海外の売上構成比率20%を早期に50%にしたい」と語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら