ファッション

「オーラリー」初の直営店が南青山にオープン

 2015年に始動した「オーラリー(AURALEE)」は9月14日、東京・南青山に初の直営店を開く。売り場面積は118平方メートル。建築家の荒木信雄が手掛けた店内は、ショーウインドーやトルソーなどはあえて設置せず、リラックスできる空間と、ギャラリーのような程よい緊張感を共存させた。

 メンズとウィメンズのフルコレクションに加え、岩井良太デザイナーがモンゴルに出向いて厳選した、カシミヤやキャメル素材の直営店限定アイテムもそろう。限定アイテムの価格帯はメンズのビッグシャツ3万4000~4万9000円、ニット4万6000~8万7000円、ウィメンズのニット4万~6万9000円。

 「オーラリー」は素材の卸を行うクリップ クロップが運営しており、すべてのアイテムには全国各地で生産したオリジナル素材を使用する。岩井デザイナーは「ノリコイケ(NORIKOIKE)」をはじめ、シンプルで上質な素材使いが特徴のブランドでデザイナーやパタンナーを経験し、自身が立ち上げた「オーラリー」でも素材の個性を生かしたデザインに定評がある。

■AURALEE 南青山店
住所:東京都港区南青山6-3-2 1階
営業時間:12:00〜20:00
定休日:不定休

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら