ニュース

「エイボン」がドラッグストア販売に本格参入 専用ブランド立ち上げ

 訪問販売を中心とするエイボン・プロダクツ(Avon Products)は、ドラッグストア、量販店での販売に本格参入する。9月20日にはドラッグストアや量販店向けに開発したブランド「デュアルフェイス(DUAL FACE)」を全国で発売。訪問販売や通信販売、直営店販売といった従来の枠を超え、新たなチャネルで新規顧客獲得を目指す。

 日本支社を構えてから来年で50周年を迎える同社のスキンケアブランドは母娘や親子3代で愛用している顧客も多いが、「デュアルフェイス」は既存ブランドとはターゲットが異なり、20代後半から30代前半の働く女性をイメージ。現代女性が求める商品やサービス、ライフサイクルを考慮し、忙しい女性が時間を気にせずに購入できて、市場としても伸長傾向にあるドラッグストアや量販店への販路拡大に至った。

 9月に発売するのはメイク落としもできるクレンジング、4種のヒアルロン酸を配合したローション、乳液美容液の3アイテムで、30歳前後の女性の肌に必要な機能を備えつつ、時短にもつながるアイテムに仕上げた。香りはユーカリやベルガモットがベースで、保湿成分はホホバ種子油、ローズマリー葉エキス、オリーブ果実油など。配合成分の90%以上を天然由来でまとめ、ナチュラルと機能性を両立させたという。訪問販売など既存チャネルでは取り扱わず、ドラッグストアと量販店のみで販売する。

 同社は今秋や来春にも商品の発売を予定しており、堤智章エイボン・プロダクツ社長は「訪販事業の基盤はそのままに、リテール事業や、エイボン・グローバルのネットワークを活用してアジア圏への展開も狙っていく」と述べている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら