ビジネス

アリババがAI搭載スマートスピーカー“Tモールジーニー”発表

 アリババがAI搭載のスマートスピーカー“Tモールジーニー(Tmall Genie)”のベータ版を発表した。“ジーニー”は広東語に対応し、中国で499元(約7184円)で販売予定。自社ECサイト、Tモール上で音声を通して買い物ができるだけでなく、メモやアラーム、ラジオ、インターネット検索や、日常的な会話にも対応可能だという。

 こうしたスマートスピーカーは、アマゾン(Amazon)が“エコー(ECHO)”(120ドル=約1万3440円)、グーグル(Google)が“グーグルホーム(Google HOME)”(129ドル=約1万4448円)を既に売り出しており、アップル(Apple)も12月に“ホームポッド(HomePod)”(349ドル=約3万9088円)をリリース予定だ。

 アマゾンの“エコー”は2015年の発売以来、1100万台を販売した。しかし、“エコー”と“グーグルホーム”の販売はアメリカのみで、“ホームポッド”はアメリカとイギリス、オーストラリアのみでの販売となる。そのため、アリババの“ジーニー”はアジア圏のECユーザー4億人以上の潜在的消費者を見込める。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら