ファッション

ビーチはもう要らない!? メンズファッションで巡る今夏の沖縄

 「WWDジャパン」6月26日号の販売員特集では、全国津々浦々のスゴ腕37人を取材しているのですが、特に常夏の沖縄でレザーを売るセレクトショップ「ウォーカー(WALKER)」は印象的でした。そこで、ここではビーチやオリオンビールなしでも行くべき沖縄の今をご紹介したいと思います。

 1989年に「ウォーカー」を開業した“沖縄インポートカジュアルの父”、名城彰郎さん。その長男である名城彰耶さん(28)がオーナーを務めるのが、2015年9月にオープンしたセレクトショップ「ウォーカー サンライズ(WALKER SUNRISE)」です。そのラインアップは「サノバチーズ(SON OF THE CHEESE)」や「ブラック ウィドゥ(BLACK WEIRDOS)」といった日本ブランドとアメリカ西海岸古着をミックスしたもの。「那覇の夏というとTシャツ一丁のイメージかも知れませんが、それではだらしないですよね?だからウォーカー サンライズでは、シャツスタイルを提案しています」と彰耶さん。

 さらに「沖縄には着飾っても、出掛けて行く場がなくて……」とウォーカー サンライズの隣に、飲食店「酒場ターコイズ」をオープン。若きオーナーは「“服バカ”って案外、真面目な人が多いですよね(笑)。だからお酒を飲んで、もっとクロスオーバーしれくれたらうれしいです!」と目を輝かせていました。そのウルウルは、決して二日酔いのせいではないと信じ、応援したいです……(笑)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら