ファッション

ビーチはもう要らない!? メンズファッションで巡る今夏の沖縄

 「WWDジャパン」6月26日号の販売員特集では、全国津々浦々のスゴ腕37人を取材しているのですが、特に常夏の沖縄でレザーを売るセレクトショップ「ウォーカー(WALKER)」は印象的でした。そこで、ここではビーチやオリオンビールなしでも行くべき沖縄の今をご紹介したいと思います。

 1989年に「ウォーカー」を開業した“沖縄インポートカジュアルの父”、名城彰郎さん。その長男である名城彰耶さん(28)がオーナーを務めるのが、2015年9月にオープンしたセレクトショップ「ウォーカー サンライズ(WALKER SUNRISE)」です。そのラインアップは「サノバチーズ(SON OF THE CHEESE)」や「ブラック ウィドゥ(BLACK WEIRDOS)」といった日本ブランドとアメリカ西海岸古着をミックスしたもの。「那覇の夏というとTシャツ一丁のイメージかも知れませんが、それではだらしないですよね?だからウォーカー サンライズでは、シャツスタイルを提案しています」と彰耶さん。

 さらに「沖縄には着飾っても、出掛けて行く場がなくて……」とウォーカー サンライズの隣に、飲食店「酒場ターコイズ」をオープン。若きオーナーは「“服バカ”って案外、真面目な人が多いですよね(笑)。だからお酒を飲んで、もっとクロスオーバーしれくれたらうれしいです!」と目を輝かせていました。そのウルウルは、決して二日酔いのせいではないと信じ、応援したいです……(笑)。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。