フォーカス

激辛レビューを読んで思う、スキorキライの表現のススメ

 いやぁ、久々に大盛り上がりの記事が現れました。「WWD JAPAN.com」ではないのが残念なくらい。「ヴォーグ ランウェイ(VOGUE RUNWAY)」の「フィリップ プレイン(PHILLIP PLEIN)」に関する超激辛、ココイチのカレーで言えば、10辛なルーク・レイッチ(Luke Leitch)さんのレビューです。

「ミラノメンズ、前代未聞の超激辛レビューに大騒ぎ」

 あまりに面白く、激辛で、そしてショー会場で大盛り上がりしてしまったので、簡単にレビューを意訳して、記事にしてみました。まずは上記をクリックして、ご覧くださいませ。

 残念ながら僕には別件があり、「フィリップ プレイン」は見ることができませんでした。でも翌日、渦中のデザイナー、フィリップ・プレイン(Phillip Plein)によるスポーツラインの「プレイン スポーツ(PLEIN SPORT)」のショーは都合がつき、見に行くことができました。

 ショーは、おそらく「フィリップ プレイン」同様、めくるめくエンターテインメント(笑)。冒頭、アナウンサー(だいたいランウエイショーにアナウンサーを仕込む時点で異端です)が「世紀のヘビー級レスリングの始まりです!」と開会を宣言すると、オッパイと股間を隠す最小限の洋服しか身につけていない(‼︎)ポールダンサーズが登場。てっぺんにミラーボールが取り付けられたポールに足を絡めたり、開脚したりしていると、天井からは猛獣が入る檻のようなデスマッチリングが降りてきて、ヘビー級レスラー登場。“世紀の”一戦を始めます。

 すると今度は、身体中にタトゥーを入れたマッチョが続々現れて、ピカピカ光るサンドバッグを叩きまくり!この間、ショーの開始からおよそ5分。まだ洋服は出てきません(苦笑)。でもレーザー光線は飛び交うわ、スモークは噴き出るわ、大音量は鳴り響くわで、すでに会場は大騒ぎです。

「プレイン スポーツ」2018年春夏ミラノ・メンズ・コレクション

 そしてようやく現れたのは、“チョイ悪”どころか“結構悪”もしくは“相当悪”なスポーツウエア。メンズは悪く、ウィメンズはエロい、そんなスタイルが延々と続き、終わったのは、本来なら次のショーが始まるはずの時間でした。

 いやぁ、長いw。そして、あまりの演出で洋服の記憶がない(笑)。エンターテインメントとしては最高の20分間です。ファッションショーとしての賛否は分かれるところでしょうが、僕はフィリップ・プレインには、このまま頑張ってもらいたい。いやむしろ、エンターテインメントを極めて欲しい。そう思っています。だって、悲しいけれど正直な話、洋服そのものには興味を失いかけている人が多い昨今です。彼のショーは間違いなく、大勢がファッションに触れるきっかけ、直接的ではないかもしれないけれどファッションに興奮するチャンスを提供しています。