ファッション

「ヴェロニク ブランキーノ」再休止、オンワードとの契約解消

 オンワードラグジュアリーグループとヴェロニク ブランキーノ(VERONIQUE BRANQUINHO)は、6月19日付で契約を終了し、「別々の道を歩む」と発表した。デザイナーのヴェロニク・ブランキーノ(Veronique Branquinho)は2017-18年秋冬シーズンを最後に、5年ほど前に再開した自身の名前を冠したブランドを再休止する。ヴェロニクは、「フランコ・ペネ(Franco Pene)社長とオンワードラグジュアリーグループの社員には、5年にも渡り私のアイデアを具現化してくれたことを感謝したい」とコメントした。

 オンワードラグジュアリーグループは、共にオンワードホールディングスの欧州子会社で高級ブランドの洋服を生産・販売するジボ・コーと、同じく高級靴を製造・販売するイリスが統合して誕生した。

 ヴェロニクは1973年ベルギー生まれ。アントワープ王立芸術学院を卒業後、97年に「ヴェロニク ブランキーノ」を設立した。その後、99年にはシューズ、2003年にはメンズラインを立ち上げるが、09年世界的な不況を理由にブランドを休止。同年から11年までは、「デルヴォー」のアーティスティック・ディレクターを務めた。12年、ジボ・コー(現オンワードラグジュアリーグループ)とのパートナーシップを結び、ブランドを再始動し、パリ・ファッション・ウイークでコレクションを発表していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら