ファッション

コンラッド大阪が9日開業、繊維企業の多い中之島エリアに

 ヒルトングループのコンラッド・ホテルズ&リゾーツは9日、大阪・中之島の中之島フェスティバルタワーの33〜40階に、コンラッド大阪(CONRAD OSAKA)を開業した。“Your Address in the SKY-雲を突き抜けて”をコンセプトに、全164室が床から天井までの全面採光になったパノラマビューになっている。料金は4万5000円から。「コンラッド」はヒルトン系列の最高級ホテルブランドで、日本では東京に続き2館目。中之島フェスティバルタワーは朝日新聞大阪本社跡地の再開発エリアにあり、同じビルには繊維商社の帝人フロンティアが、すぐ隣のビルには旭化成が入居しており、繊維・ファッション業界人も出張の際に使うことが増えそうだ。また、東京では「マンダリンオリエンタル東京」のある日本橋三井タワーに繊維大手の東レが入居するなど、繊維企業は外資系高級ホテルと不思議な縁がある。

 コンラッド大阪の客室は全室が50平方メートル以上になっており、コンテンポラリーと和を融合したデザインが特徴。レストランやバーも充実しており、40階のロビーの奥には、「40 スカイバー&ラウンジ」で生ライブ演奏やカクテルを、大阪発の本格的な甲殻類専門アラカルトレストランになる「シーグリル(C:GRILL)」は埠頭のイメージされたインテリアの中でカジュアルなビジネスディナーなどに活用できる。役員会や新製品発表会などに活用できるバンケットルームもある。
 

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら