ファッション

コンラッド大阪が9日開業、繊維企業の多い中之島エリアに

 ヒルトングループのコンラッド・ホテルズ&リゾーツは9日、大阪・中之島の中之島フェスティバルタワーの33〜40階に、コンラッド大阪(CONRAD OSAKA)を開業した。“Your Address in the SKY-雲を突き抜けて”をコンセプトに、全164室が床から天井までの全面採光になったパノラマビューになっている。料金は4万5000円から。「コンラッド」はヒルトン系列の最高級ホテルブランドで、日本では東京に続き2館目。中之島フェスティバルタワーは朝日新聞大阪本社跡地の再開発エリアにあり、同じビルには繊維商社の帝人フロンティアが、すぐ隣のビルには旭化成が入居しており、繊維・ファッション業界人も出張の際に使うことが増えそうだ。また、東京では「マンダリンオリエンタル東京」のある日本橋三井タワーに繊維大手の東レが入居するなど、繊維企業は外資系高級ホテルと不思議な縁がある。

 コンラッド大阪の客室は全室が50平方メートル以上になっており、コンテンポラリーと和を融合したデザインが特徴。レストランやバーも充実しており、40階のロビーの奥には、「40 スカイバー&ラウンジ」で生ライブ演奏やカクテルを、大阪発の本格的な甲殻類専門アラカルトレストランになる「シーグリル(C:GRILL)」は埠頭のイメージされたインテリアの中でカジュアルなビジネスディナーなどに活用できる。役員会や新製品発表会などに活用できるバンケットルームもある。
 

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら