ビジネス

アマゾンのファッション部門トップにファッション業界のベテラン就任

 アマゾン ファッション(AMAZON FASHION)のプレジデントに、ファッション業界での経験豊富なクリスティン・ボーシャン(Christine Beauchamp)が就任する。すでに退任したキャシー・ボードイン(Cathy Beaudoin)の後任だ。

 ボーシャンは直近ではボストン・コンサルティング・グループと連携して働いていたが、それ以前はラルフ ローレン(RALPH LAUREN)で「ローレン(LAUREN)」や「チャップス(CHAPS)」「アメリカン リビング(AMERICAN LIVING)」「ラルフ(RALPH)」のグローバル・ブランド・プレジデントやLブランズ(L BRANDS)傘下でヴィクトリアズ・シークレット・ビューティ(VICTORIA'S SECRET BEAUTY)CEOを務めていた。また、ニューヨーク大学のファッションビジネス客員教授でもある。

 アマゾン(AMAZON)は近年複数のプライベートレーベルを開発したり、ライブストリーミングの番組をスタートしたりと、ファッション分野の開拓に積極的だ。ボーシャンによって、巨大ECサイトにさらに多くのファッションの知識がもたらされることになる。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら