ビジネス

アマゾンのファッション部門トップにファッション業界のベテラン就任

 アマゾン ファッション(AMAZON FASHION)のプレジデントに、ファッション業界での経験豊富なクリスティン・ボーシャン(Christine Beauchamp)が就任する。すでに退任したキャシー・ボードイン(Cathy Beaudoin)の後任だ。

 ボーシャンは直近ではボストン・コンサルティング・グループと連携して働いていたが、それ以前はラルフ ローレン(RALPH LAUREN)で「ローレン(LAUREN)」や「チャップス(CHAPS)」「アメリカン リビング(AMERICAN LIVING)」「ラルフ(RALPH)」のグローバル・ブランド・プレジデントやLブランズ(L BRANDS)傘下でヴィクトリアズ・シークレット・ビューティ(VICTORIA'S SECRET BEAUTY)CEOを務めていた。また、ニューヨーク大学のファッションビジネス客員教授でもある。

 アマゾン(AMAZON)は近年複数のプライベートレーベルを開発したり、ライブストリーミングの番組をスタートしたりと、ファッション分野の開拓に積極的だ。ボーシャンによって、巨大ECサイトにさらに多くのファッションの知識がもたらされることになる。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら