ビジネス

イタリアの百貨店「コイン」、投資会社が売却の意向

 投資会社BC パートナーズ(BC PARTNERS)は、イタリアの百貨店チェーン「コイン(COIN)」を手がけるグルッポ・コイン(GRUPPO COIN)社を売却する意向のようだ。BCパートナーズは、イタリア全土を中心に40の店舗網を築き、およそ4億ユーロ(496億円)を売り上げる「コイン」全店を売却したい考え。中産階級をメインターゲットに据えるグルッポ・コイン社は、ローマとベネチア、それにミラノにワンランク上の大型店「エクセルシオール(EXCELSIOR)」を有するが、ミラノ以外の店舗については合わせて売却する意向だ。加えてグルッポ・コインは、イタリアを中心にヨーロッパでマス向けに展開する衣料品店「OVS」の株式を31%取得しているが、これは保有し続ける。

 「コイン」は1916年、ヴィットリオ・コイン(Vittorio Coin)が創業。長年家族経営を続け、のちに「コイン」のセカンド業態として「OVS」を立ち上げた。99年にはミラノ証券取引所に上場。2005年、ヨーロッパの投資会社パイ パートナーズ(PAI PARTNERS)が買収した。11年、BCパートナーズに再度売却され、上場を廃止している。14年にはローマに初の「エクセルシオール」をオープンした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら