ビジネス

「ベンベルグ」が国際的なサステナ認証GRSを取得

 旭化成は同社が世界で唯一生産・販売するキュプラ繊維「ベンベルグ」で、国際的な環境認証であるGRS(GLOBAL RECYCLE STANDARD)を取得した。GRSは、オーガニックコットンに関する調査や研究など環境に配慮した繊維素材の普及を進める国際NGOのテキスタイルエクスチェンジ(TEXTILE EXCHANGE)が提供しているもので、最も国際的な認知度の高いリサイクル製品の認証の一つ。

 旭化成は、「ベンベルグ」の取得に先立って、世界で初めてスパンデックス糸「ロイカ」でGRSを取得していた。神山剛啓ベンベルグ第一営業部部長は「ケリンググループがサステイナビリティを経営の根幹に置くなど、欧米のラグジュアリー・ブランドとは、こうした国際的な認証なしに取り引きのスタートラインに立てなくなっている」と、グローバル・ビジネスでの環境変化を指摘している。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら