ビジネス

「ベンベルグ」が国際的なサステナ認証GRSを取得

 旭化成は同社が世界で唯一生産・販売するキュプラ繊維「ベンベルグ」で、国際的な環境認証であるGRS(GLOBAL RECYCLE STANDARD)を取得した。GRSは、オーガニックコットンに関する調査や研究など環境に配慮した繊維素材の普及を進める国際NGOのテキスタイルエクスチェンジ(TEXTILE EXCHANGE)が提供しているもので、最も国際的な認知度の高いリサイクル製品の認証の一つ。

 旭化成は、「ベンベルグ」の取得に先立って、世界で初めてスパンデックス糸「ロイカ」でGRSを取得していた。神山剛啓ベンベルグ第一営業部部長は「ケリンググループがサステイナビリティを経営の根幹に置くなど、欧米のラグジュアリー・ブランドとは、こうした国際的な認証なしに取り引きのスタートラインに立てなくなっている」と、グローバル・ビジネスでの環境変化を指摘している。

最新号紹介

WWD JAPAN

“副業・複業を解禁せよ!” 多様な働き方の推進が急務

「WWDJAPAN」5月17日号は、「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集です。コロナ禍で働き方が見直される中、商業施設などが突然の休業に見舞われても副業を解禁できていない企業は多くあります。「WWDJAPAN」ユーザー2130人への働き方に関する意識調査を行ったところ、8割が「副業したい」と回答。本号では副業・複業のメリット、これからの働き方について考察します。

詳細/購入はこちら