ファッション

猿のいない「キプリング」!? ユニセックスの新シリーズ始動

 今年設立30周年を迎えるベルギー発のバッグブランド「キプリング(KIPLING)」は今秋、都会的な男女に向けたユニセックスの新シリーズ“エッジランド(EDGELAND)”をローンチする。ラインアップは、旅行やジム通いにピッタリなボストンや、2種類のハンドルが付いたトート、ショルダーバッグ、バックパックなど5型。通常の染色方法とは異なるスプレー染色を施した後、洗いをかけることでビンテージ調の風合いに仕上げたナイロンと、いぶしたゴールドの金具やロゴプレートを用いているのが特徴だ。また、ブランドのアイコンともいえる猿のチャームは、同シリーズには付いていない。参考価格は1万5700~2万4900円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら