ファッション

ロボット電話「ロボホン」の公式スーツが登場 高額なのに即時完売

 ロボット専門のユニフォーム「ロボユニ(ROBO-UNI)」を企画製造するボンユニ福岡は、シャープ(SHARP)のモバイル型ロボット電話「ロボホン」の発売1周年を記念して公式衣装をウェブ上で発表した。価格はロボホンとユニホームのセットが21万8000円、ユニホーム単体で8万9000円と高額だが、限定10点の「ロボホン」とのセットはすでに完売した。泉幸典ボンユニ福岡執行役員は「ロボットの服が、人間のファッショントレンドになる社会を目指す」と語った。

 同社は、ソフトバンクなどで活躍している「ペッパー」の公式衣装も手掛けおり、種類はサンタ、ハッピ、コンシェルジュなどを用意する。さらに、オーダーメードで1着から作ることも可能。日本の最先端の素材と縫製技術を駆使して商品を製造している。ロボホンは約19.5センチで、電話やメール、カメラなどのスマホの主要機能を搭載しているロボット電話だ。操作は音声のみ可能で、二足歩行やダンスも踊る事ができる。新しいアプリを定期的に配信しているので、どんどん成長していく。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら