ニュース

日本初、人工知能ドレスをIBMが発表

 日本IBMは27日、人工知能「ワトソン(WATSON)」と連動したドレスを発表した。ドレスは、オートクチュールブランド「ドスカ トーキョー(DOSQA TOKYO)」を手がけるファッションディレクターの三浦大地が製作。「ワトソン」がハッシュタグの#IBMWSJPのついたツイートを分析し、喜びや開放感、穏やかさ、人間性、外向性という5種類の感情と紐付いた色を決め、その中で最も強い感情の色を発色するというもの。IBMは昨年5月に米国で、「ワトソン」を使った同様のドレスを発表。その後、11月に中国、今年3月にドイツでも現地のクリエイターと組んでドレスを製作していた。今回のドレスは27・28日に、グランドプリンスホテル新高輪で開催している「IBMワトソンサミット 2017」に合わせて発表。会場にも展示した

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら