ファッション

アダストリアの「ラコレ」が関東初出店 カラフルな服を増やす

 アダストリアは4月28日、ライフスタイル提案型ブランド「ラコレ(LAKOLE)」の関東初の新店をららぽーとTOKYO-BAYにオープンする。店舗面積は495平方メートル。売り場は6割がリビング雑貨ゾーン、4割がアパレルゾーンとなる。

 石原嘉文ラコレ営業部長は、「3月にブランドデビューしてから店舗とウェブ共に好調な滑り出しで、生活雑貨とアパレルの売り上げ比率は半々。今後オリジナルの生活雑貨を増加させ、さらにリーズナブルな価格を目指す」と話す。北村嘉輝アダストリア執行役員 営業第2本部長は、「当初モノトーンで展開していたが、お客さまか『他ブランドとの違いが分かりづらい』という声をいただくことが多く、春夏シーズンを機に色物を加えた。秋には、ベーシックを基軸にしながら、トレンド要素を加えたデザイン性のあるアパレル商品を展開する。また、キッズラインの展開も予定している」。

 今後は、同社の「スタディオクリップ(STUDIO CLIP)」「ニコアンド(NIKO AND ...)」で培ったノウハウを生かし、カフェの併設やグローサリーの取り扱いなどを行い、ライフスタイルに寄り添うブランドとして強化する。

 「ラコレ」は、「アレも、コレも、ラクに。」をコンセプトに、消費者の生活を“ラク”にできる製品を提案。現在「ライフ・ファンクション」は、「ヨゴレ、かるく。(防水加工)」「アセ、しらず。(汗ジミ軽減加工)」「におい、しらず。(抗菌・防臭加工)」など24種の機能を用意する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら