ファッション

第70回カンヌ映画祭 豪華セレブの最旬ドレスルックをチェック

 第70回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)が5月17日、フランス・カンヌで開幕した。オープニングセレモニーには例年通り、豪華スターが華やかなドレス姿で来場した。

 同映画祭の公式スポンサーを務める「ロレアル パリ(L'OREAL PARIS)」のアンバサダーで女優のスーザン・サランドン(Susan Sarandon)は、「アルベルタ・フェレッティ(ALBERTA FERRETTI)」のベルベットのオフショルダーのグリーンのドレスにサングラスをコーディネート。同じくアンバサダーのジュリアン・ムーア(Julianne Moore)は、「ジバンシィ オートクチュール」(GIVENCHY HAUTE COUTURE)」のフェザーを用いた赤いドレスを着用した。また、同ブランドのアンバサダーとして初めてレッドカーペットに登場した、エル・ファニング(Elle Fanning)は、「ヴィヴィアン・ウエストウッド ゴールド レーベル(VIVIENNE WESTWOOD GOLD LABEL)」の銀河をモチーフにしたドレス姿を見せた。

 また、シャルロット・ゲンズブール(Charlotte Gainsbourg)は、アンソニー・ヴァカレロ(Anthony Vaccarello)=クリエイティブ・ディレクターがデザインした「サンローラン(SAINT LAURENT)」のセクシーなクリスタルの刺しゅうを施したミニドレスをセレクト。マリオン・コティヤール(Marion Cotillard)は、「ジャンポール・ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER)」の黒いピンストライプのコルセットドレスを着用した。リリー=ローズ・デップ(Lily-Rose Depp)は、「シャネル(CHANEL)」のギリシャ風のゴールド刺しゅうのジャージードレスで来場。ベラ・ハディッド(Bella Hadid)は、「ブルガリ(BVLGARI)」のジュエリーと「アレクサンドル・ヴォチェ(ALEXANDRE VAUTHIER)」のドレスで会場を魅了した。この他、女優のロビン・ライト(Robin Wright)、ユマ・サーマン(Uma Thurman)らが会場に駆けつけた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら