ファッション

第69回カンヌ国際映画祭総まとめ ベストドレッサー25選

 5月11日に開幕した第69回カンヌ国際映画祭が、22日に幕を閉じた。期間中に披露されたドレスの中で、ベストドレッサー25名を紹介する。「ヴァレンティノ(VALENTINO)」の孔雀柄のドレスを着用したエル・ファニング(Elle Fanning)や、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のドレスを着こなしたレア・セドゥ(Lea Seydoux)、 「アトリエ ヴェルサーチ(ATELIER VERSACE)」の黄色いガウンで会場を沸かせたアマル・クルーニー(Amal Clooney)、「ディオール(DIOR)」のシャイニーなドレスを身にまとったマリオン・コティヤール(Marion Cotillard)らがランクインした。

[rel][item title="【関連記事】
【海外スナップ】フェミニンだけど大人シックに魅せる!2016年カンヌ国際映画祭レッドカーペッド" href="https://www.wwdjapan.com/snap/party_event/world/cannes-film-festival/2016-cannes-film-festival/49556/" img=no][/rel]

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら