ファッション

第69回カンヌ国際映画祭総まとめ ベストドレッサー25選

 5月11日に開幕した第69回カンヌ国際映画祭が、22日に幕を閉じた。期間中に披露されたドレスの中で、ベストドレッサー25名を紹介する。「ヴァレンティノ(VALENTINO)」の孔雀柄のドレスを着用したエル・ファニング(Elle Fanning)や、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のドレスを着こなしたレア・セドゥ(Lea Seydoux)、 「アトリエ ヴェルサーチ(ATELIER VERSACE)」の黄色いガウンで会場を沸かせたアマル・クルーニー(Amal Clooney)、「ディオール(DIOR)」のシャイニーなドレスを身にまとったマリオン・コティヤール(Marion Cotillard)らがランクインした。

[rel][item title="【関連記事】
【海外スナップ】フェミニンだけど大人シックに魅せる!2016年カンヌ国際映画祭レッドカーペッド" href="https://www.wwdjapan.com/snap/party_event/world/cannes-film-festival/2016-cannes-film-festival/49556/" img=no][/rel]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら