ファッション

ビームスがマイク・ミルズ監督の映画最新作とコラボ

 ビームス(BEAMS)は映画監督のマイク・ミルズ(Mike Mills)の最新作「20センチュリー・ウーマン(20TH CENTURY WOMAN)」の公開に先駆け、5月27日にコラボアイテムを発売する。

 「ビームス ボーイ(BEAMS BOY)」からコラボTシャツ3型(各5800円)とトートバッグ2型(各4500円)をラインアップする。グレダ・ガーウィグ(Greta Gerwig)が演じるパンクな写真家、アビーが劇中で撮影した写真と「I’m going to need a story.(私たちには物語が必要なの)」というアビーの台詞をプリント。全国のビームス各店とオンラインショップで発売する。さらに「ビームス ウィメン渋谷」では6月11日まで、ポップアップショップを開く。これらのコラボアイテムに加え、映画のサウンドトラックCD(2400円)とビームス限定のポスター全8種類(各8000円)も展示販売する。

 「20センチュリー・ウーマン」は6月3日に公開。前日の2日から7日まで、東京・原宿の「トーキョー カルチャー by ビームス(TOKYO CULTUART BY BEAMS)」で、今春来日したマイク・ミルズが撮り下ろした東京の風景写真をエキシビション形式で紹介する。同店が発行するフリー・ペーパー「アート フォー オール(ART FOR ALL)」にもマイク・ミルズのインタビューを掲載する。

[related post="417335" title='“アメリカ”を切り取った写真家、ロバート・フランクのドキュメンタリー']
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。